コロナ禍を受けての
支援活動への応援のお願い

コロナ禍のもとでの〈もやい〉の活動:

長期化するコロナ禍と依然として増え続けるニーズ

私たち〈もやい〉は国内の貧困問題に取り組む団体として、生活にお困りの方々への相談・支援を行っております。
2020年4月以降、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて緊急の相談体制を設け、9月からはシェルター事業を新規に立ち上げて支援活動を続けてまいりました。すでに1年半以上が経過していますが、相談に訪れる人の数は減少するどころか今も増加傾向にあります。

「パートのシフトが減ったのに何の手当も受けられない…」
「貯金を崩してつないできたがもう限界…」
「家族から暴力・暴言がありこれ以上家にいられない…」

新型コロナウイルスの感染者数が減少しても、経済状況の回復には時間がかかります。長期化するなかでじわじわと追い詰められ、困窮に至ったという方がよく相談に来られています。コロナ禍は依然として人びとの生活に大きな影を落としています。

とりわけ年末年始は例年仕事が少なくなる時期で、より多くの方がお困りになることが予想されます。そのため、今年の年末も〈もやい〉は感染症対策を徹底しつつ、平時の相談活動に加えて臨時の相談体制をおきます。相談体制を強化・維持し、より多くの方に支援を届けるためにみなさまの応援が今必要です。
ぜひ、私たちの活動をご支援いただきますようお願いいたします。

ご寄付の活用方法

みなさまにいただいたご寄付は以下の用途に活用させていただきます。

  • 支援物資(食料品や生活用品等)購入費
  • 住まいのない方の宿泊費/緊急宿泊場所確保のための費用
  • 生活が苦しい人への生活支援費
  • 感染症対策に必要な備品等購入費
  • シェルターの整備
  • 人員体制の整備に必要な諸経費

冬になるにつれて防寒用具、医薬品、感染症対策用品がこれまで以上に必要とされることが見込まれます。
多くの方に支援を届け、この困難な状況をともに生きぬくためにも、みなさまのお力を私たちにお貸しください。

ご寄付いただく方法

〈もやい〉へご寄付いただくには、クレジットカード、郵便振替、銀行口座振替などの方法があります。
詳しくはこちらの「活動を支援する」ページをご覧ください。

活動を支援する

なお、認定NPO法人である〈もやい〉へのご寄付は、寄付金控除の対象になります。「寄附金控除」「税額控除」をお受けいただくためには、確定申告の際に、認定NPO法人自立生活サポートセンター・もやいが発行した「領収証」の提出が必要となります。領収証は年に一度、確定申告時期にお送りしています。すぐに領収証が必要な方はご連絡ください。